実施している会社はここが違う!社員教育の重要性

あなたの会社は社員教育してますか?

あなたの会社はしっかり社員教育してますか?と聞かれて、どう答えますか?「社員教育」と聞いて、何を思い出しますか?力を入れている会社は入社前研修、新入社員、中堅社員研修、管理職研修などなど、様々なタイミングで様々な研修を行っています。入社したら先輩や上司について仕事を学びますよね。確かにそれも重要な教育ですが、それだけで「社員教育をしっかり行っています」とは言えませんよ。会社にとっての宝は人材です。と胸を張って答えることができる人材を育てるためにはしっかりとした社員教育が必須なのです。

入社前研修の重要性はこれです!

社員を育てるためには研修は必須ですが、ただ単に研修を開催すればいい訳ではありません。どのタイミングでどんな研修を行えばより効果が上がるのでしょうか。まずは新入社員!就職氷河期と言われる時代でさえ、内定を何社も取る学生がいます。そんな時に学生側から残念ながら選んでもらえない会社があります。せっかくよい人材を見つけても入社してもらえなければ意味がありません。まずは入社前研修で会社のことをしっかり知ってもらうこと、そして同期の繋がりをつくってあげること。これが第一歩です。確かに研修を行うということはお金がかかります。しかし大切な人材が流出してしまうことを考えれば安いものですよね。

研修は息抜き!?研修によって防げる離職。

新入社員研修、2年目研修、5年目研修、リーダー職研修などなど、様々なタイミングで研修を行いましょう。この研修を行うメリットはたくさんあります。まずは日常の業務から少し離れる時間を作れることです。毎日業務に追われていると気づけなかったことが1日離れることによって様々なことに気づくことができます。そしてもう一つ、良い意味で息抜きになるでしょう。また、入社後まだ歴の浅いスタッフにとっては同期に会うことによって他の人には言えない悩みを相談できたりもするものです。こうして社員のモチベーションを保つことが離職率を下げるポイントです。

社員教育をしっかりすることは、そのまま会社の業績を上げることにつながるので、会社側はしっかりと認識しておかなければいけません。