滞在時間を伸ばすためのSEO対策テクニック!その秘密のテクニックとは?

滞在時間を伸ばす事の重要性

SEO対策を行うためには、検索エンジンが何を求めているのかを知る必要性がありますよね。検索エンジンの最終の目的は、質の高いホームページをユーザーに見てもらい、検索エンジンに対して満足してもらう目的を持ち合わせていますよ。満足してもらう指標の一つに、滞在時間の長さが挙げられます。例えば、実店舗における本屋が満足できれば、本屋にいる時間帯が長くなりますよね。満足できなければ、違う本屋を探す事もあるでしょう。現在に至っては、一社が独占する様な形で検索エンジンを提供していますが、いつ何時他社が満足させる様な検索エンジンを開発するか分かりません。検索エンジンは、滞在時間を伸ばしながらユーザーに満足してもらい、頻繁に利用してもらう事で広告収入を高めて行く必要性を持ち合わせているのです。

専門性を強く出す事がポイント

ユーザーの多くは、何かしらの目的を持って検索エンジンを利用していますよね。専門性が薄ければ、他のページは目的と相反する内容のページが記載されていると思われてしまいかねませんよ。専門性が薄ければ、ブラウザの戻るボタンを押して、検索エンジンに戻り目的に合う情報を探す事も考えられますよね。専門性が強ければ、他のページも関連性の強いページだと判断を行い滞在時間を伸ばしてくれるかもしれません。ホームページの中には、別々の関連性を設けて別に扱っている事がよくあります。せっかく訪れたユーザーを他のホームページに流す事にもなりかねませんよね。ユーザーがどの様な行動を起こすのかをより良く考えて、他のページに対しても出来るだけ関連性を見い出して行く事が大切ですよ。

動画を扱う事で滞在時間を引き延ばす

滞在時間を伸ばしてもらうテクニックの一つに、動画を埋め込む手法がありますよ。動画は、人の読むスピードに関わらず時間を作り出す事が出来ますよね。ただし、動画を埋め込む場合は、いくつかの注意点があります。あまりも小さな埋め込みの仕方では、全体画像に直されてしまう可能性が高まりますよね。動画が終われば、他のコンテンツの動画に移ってしまいかねません。あまりにも長すぎる時間は、時間に余裕が無い人にとって、見る必要性の無い動画だと判断されてしまいかねませんよ。動画の内容は、検索エンジンには理解できないため、言葉としての内容は検索エンジンに引っかかる事はありませんよね。動画を扱う場合は、ユーザーの立場になって行動の流れを予測しながら、最善の動画を扱う事が大切です。

ホームページ作成とSEOで、最も注意しなければならないことは、htmlの中のtitleタグです。titleタグに含めるキーワードは詰め込みすぎない、また文字数も30文字程度にすると効果的です。