引越後の片付けを考えて行動する

引越後は片付けが発生する

引越後は色々な片付けが発生します。たとえば、衣類や書籍を梱包した段ボールです。荷物の量が多くなれば、それだけ段ボールの数は多くなります。また、食器や壊れ物を段ボールに収納した際、衝撃を和らげるために入れたチラシや新聞紙、家具や家電を固定するために使用した紐なども処分の必要があります。さらに、新居に運び入れた家具や家電を希望する場所に設置したり、棚や押し入れに衣類や書籍を収納したりなど、やるべきことは多いです。

引越後の片付けを減らすための工夫

引越後の片付けを減らすために必要な工夫は、コンパクトな準備を心掛けることです。コンパクトな準備というのは、可能な限り荷物を減らすことを意味しています。新居へ運ぶ物が多くなると、その後の片付けに必要な時間は多くなります。また、物が多くなることによって費用が高くなります。料金は物の量と移動距離によって算出されます。移動距離は転居先の住所次第なので、工夫するのは難しいです。しかし、物の量は工夫次第で減らすことは可能です。

細かい部分まで計画を立てる

細かい部分まで計画を立てるようにすれば、引越時の片づけが楽になります。具体的には、転居前の不要な物の処分、新居での物の配置などです。転居前に不要な物を処分する際、一般的なゴミとして出せる物だけとは限りません。処分が難しい物については、不用品回収の業者を利用する方法があります。また、事前に新居での家具や家電などの設置位置を決めておけば、効率的に片づけを終えることができます。ですから、引越時は事前に細かい計画を立てることが大切です。

不用品の回収にはあまりお金をかけたくないというのが正直なところです。かといって、環境への配慮も怠るわけにはいきません。きちんと許認可を取得した優良な業者に、安心して回収を依頼したいものです。