即日配達という究極のサービス

誕生したのは昭和の時代

配達というサービスは文明社会において欠かせない存在です。飛脚・メッセンジャー・伝書鳩のように国や時代によってさまざまですが、生活やビジネスで常に必要とされています。文明が発達してからは自動車が利用され、今日においても主流の輸送手段です。しかし、大きな都市に人や建物が集中することで、交通渋滞の問題が発生します。交通渋滞や何らかの災害で大きな影響を受けるのが自動車です。その問題を解決するように、1980年代に国内でバイク便が登場したのです。

抜群の機動力が魅力的

バイク便は交通渋滞や災害にも強く、そして何よりも即日配達が魅力のサービスです。フットワークが軽く細い路地を通ることも可能なため、同じ都市であれば30分前後、地域が異なっても60分以内という驚異的なスピードが実現しています。利用する際に注意したいのは、配達する物の重さと大きさの制限です。通常は重さ20kg前後、定められた大きさの物が依頼できます。このほかにも、医療用品や食事を配達するサービスも利用が可能です。

支払い方法も進化している

フットワークがどんなに軽くても支払い方法が限られていた場合、オフィスのような場所では利用しにくくなることもあります。そこで登場したのがカード決済です。集荷時に専用の端末で決済できますので、会社側が法人カードを用意しておくと便利です。バイク便のサービスは、時代の変化とともに進化を続けています。定期便や新聞社のプレスライダーのような常駐サービスの選択も可能です。経費削減にもつながり、利用する企業も増え続けています。

バイク便の求人は宅配便のサービスを提供している会社で探すことが可能です。必ずバイクの免許が必要となります。